日別アーカイブ: 2019年10月22日

「あなたらしく・・・・」神戸縮毛矯正専門店|アンジュ

 

いつもありがとうございます!縮毛矯正専門 アンジュの松尾です

今年の6月人間国宝さんの出演からの一つのご縁を頂くことで。

心改めて私の胸の奥深くまで浸透していることがあります。

 

 

それは「今、自分の存在がある素晴らしさ!!」です。

 

 

 

ある日こんなお電話を頂きました。
「関西テレビのよ~いドンのディレクターです。今日は水道筋商店街を歩いていますと、アンジュさんの表に張っている女性がん患者の無料ウイッグレンタルのポスターが目に入って取材OKだったりしますか?」と

お電話を頂き、テレビ取材を受け放送していただく機会を恵まれました。

 

 

その放送を見られたある女性からこんな有難いメールをいただきました。

 

先日関西テレビよ~いドンを拝見しまして大変感銘しました。
実は私の最愛の娘が先日小児がんによって他界いたしました。

初対面の私が詳細に事細かく理解できるようにありありと情景が
浮かぶようにご説明がありました。

文面の最後の方には「娘からこんな声が私に届きました。
お母さん、この人にウイッグを届けて」と声が聞こえた気がします。と。

 

私は大阪の遠方の方だったので、ウイッグ有難く受け取らさせて頂きます、もしよろしければお手数ですが送りで頂けますでしょうか・・

とお返事させていただきますと

 

「是非、私の方からお店まで直接届けたいです。」との返事でした。

 

 

 

その時、内心私はどんな顔で出迎えさせて頂いたらよいのか
どんな言葉をかけさせて頂いたらいいのか
正直、戸惑いながらも色んな思いを巡らしていました。

 

当日お会いし,ただただお話を聞かせて頂き

娘様のお写真を見せて頂き

お母さまの思いを頂いておりましたら
込み上げてくる感情があります。

2人ともウルウルしている状態です。
私にも同じ年頃の娘がいます

想像するだけで、どんなに今悲しみの深い渦中にいらっしゃるのか
はかり知れません。

私のほうから思わず、初対面の方なのに「目を合わせて、
いいですか・・」と・・・

そのお母さまをギュッとギューッと抱きしめて背中をさすって
抱きしめました。

 

何だか自分でも大胆な行動です。
初対面の方に。

 

 

お母さんから「お写真も一緒に取りませんか?」勿論喜んで
笑顔でお互いのスマホで撮り合いっこしました。

 

そんな経験から、簡単な言葉並べられないですが
きっとお母さまももっともっと一緒のお時間を過ごしたかったはずですし、
娘様ももっともっと家族ともいっぱい過ごしいろんなことへのチャレンジして人生を経験したかったはずかもしれません。

 

 

わたしも難病指定の病気で3か月ほどの入院生活で
自身の体験、出会いからも学んではいたはずでしたが

 

 

 

改めて、「ただ存在している」「生きている」ことの素晴らしさ
を日々実感しております。

生きているのであれば「自分らしく人生輝かさな」
っと気持ちが深まります。

 

人は生きている限り、いつか必ず死を誰もが迎えます。

明日、あなたが目がいつも通り覚めることは当たり前ではないのでは
ないでしょうか・・・

 

 

日々生きていると楽しいことばかり感じる時間だではありません。
時には悲しい気持ち
時には腹立つ気持ち
時には悔しい気持ち
時にはちょっとしたことで・・・・

 

人間ですから当たり前です。

 

それも生きている証拠かもしれません。
それが人生の醍醐味かもしれません。

ここに生きていなければ味わえないことですから・・・

 

 

只、目の前にその方がいる
只、家族がいる
只、思いを馳せれる人がいる

 

 

そんなことを「このよ~いドン反響はどうやったぁ~」とのお客様からのご質問から、私がお客様にお伝えさせていただいている内容です。

そのたびにお客様ともども涙流す貴重な時間を過ごさせていただいております。

 

私が感じたことを素直に伝え表現することでお母さまと娘様
とのご縁を生かし切ることができるのかなとも思います。

 

 

 

 

お読みくださっている「あなたにも何か伝わればいいなぁ~」と思いを込めて・・・・・

 

 

 

 

「あなたらしく生き、命を使い切る♪」

 

 

 

 

 

神戸|縮毛矯正アンジュ